お稽古代はいくらかかるの?自分で着物をきれいに着られるようになるまで

着物をきれいに着られるようになるには、一体いくらかかるのか。
実際の費用はいくらかかるのか。
やはり気になるところです。
シュミレーションをしてみました。

初等科一人で着られるコース
・試験費用(基本的なきもの知識筆記試験・留袖を15分で着る)込み

 

通うペース 週に1回

(月に4回)

2週に1回

(月に2回)

月々の

お支払

初回のみ  13,500円

【内訳】入学金3,300円

お月謝7,700円

テキスト代2,500円

(例)

11月

入学の場合

12月

7,700円

(5回目の授業時)

 12月

お支払いなし

1月

7,700円

(9回目の授業時)

  1月

7,700円

(5回目の授業時)

2月

7,700円

(13回目授業時)
修了予定

 2月

お支払いなし

 3月

7,700円

(9回目の授業時)

4月

お支払いなし

5月

7,700円

(13回目の授業時)

6月 お支払いなし
修了予定 
合計 36,600円
【1回(2時間)あたりのお稽古代 1,925円】

16回のコースの中には1回分、試験用に設定されているので実質は15回。

試験に合格できない場合、またまだ先に進まない方が良いと判断されるときは1回につき1,925円で追試や補講を受けることができます。

『16回で終わり』にするためにはそれなりに自宅での練習が必要となります。また、できてもできなくても16回でスパッと終わりというのではなく、おひとりおひのペースで、確実に着られるようになるまでサポートできる体制になっています。補講・追試は何度でもチャレンジOKです。

 

The following two tabs change content below.

かみこじょうめぐみ

着物で楽しむ大人時間。 着物は大人の女性をより魅力的に見せてくれるもの。 綺麗な着付けは魅力的な大人の女性のエッセンス。 着物であなたの魅力を引き出します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA